2006年09月14日

ASCIIコードでのバイト長を返す

'================================================================================
' 説明: ASCIIコードでのバイト長を返す
' 引数: data  >対象となる文字列
' 戻り: AscLenB   >指定文字列のASCIIコードでのバイト数
' 備考: 半角1文字は"1"を返す。
'   全角1文字は"2"を返す。
'================================================================================
Function AscLenB(data)

 Dim i

 AscLenB = Len(data)
 For i = 1 To Len(data)
  If Len(Hex(Asc(Mid(data, i, 1)))) > 2 Then
   AscLenB = AscLenB + 1
  End If
 Next

End Function
posted by べる at 09:44| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | VBScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

ErrorVBScriptReport

function ErrorVBScriptReport(naiyo)

 ErrorVBScriptReport=true

 if err.number = 0 then
  exit function
 end if
 Response.Write (" NAIYO : " & naiyo & vbcrlf)
 Response.Write ("<BR><B>===== ERROR VB SCRIPT MESSAGES START =====" & vbcrlf)
 Response.Write ("ERROR NUMBER = " & err.number & vbcrlf)
 Response.Write ("ERROR DESC = " & err.description & vbcrlf)
 Response.Write ("HELP CONTEXT = " & err.helpcontext & vbcrlf)
 Response.Write ("HELP FILE PATH = " & err.helpfile & vbcrlf)
 Response.Write ("ERROR SOURCE = " & err.source & vbcrlf)
 Response.Write ("ERROR FILE = " & err.file & vbcrlf)
 Response.Write ("ERROR LINES = " & err.line & vbcrlf)
 Response.Write ("ERROR COLUMN = " & err.column & vbcrlf)
 Response.Write ("ERROR DESC2 = " & err.aspdescription & vbcrlf)
 Response.Write ("<BR><B>===== ERROR VB SCRIPT MESSAGES END =====" & vbcrlf)

end function
posted by べる at 10:21| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | VBScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

on error resume nextとErrorVBScriptReport のトリビア??

on error resume next を、プログラムの先頭に入れて
ErrorVBScriptReport sql(→エラーになったsql文を表示) で、VBScriptのエラーを拾って
メッセージなどを表示させる処理を行っている場合

想定していない所で、VBScriptのエラーが発生し
エラー箇所の洗い出しに時間がかかる場合がある。

そういう時には
on error resume nextをコメントにして実行すると、
案外、すぐにエラーになっている箇所が見つかります。
posted by べる at 11:40| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | VBScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

ボタン使用可不可の使用例

function validate(){
 submit_buttun_disabled(0); // ボタン使用不可

 if (trim(document.forms[0].a_text.value).length == 0){
  alert("a_textは必須です。");
  document.forms[0].a_text.focus();
  document.forms[0].a_text.select();
  submit_buttun_disabled(1); // ボタン使用可
  return false;
 }
}
posted by べる at 16:31| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | JavaScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

submitボタンを使用可または不可にする

//----------------------------------------------------------------------------------
//--[概要] submitボタンを使用可または不可にする
//--[引数] flg    >0:不可、0以外:使用可
//--[戻り]      >なし
//--※submitボタンのvalue値を使用している場合、
//-- 無効化するとvalue値が取れなくなります
//-- その場合、<input name="submit" type="hidden" value="">をHTML内に定義し、
//-- submitボタンのvalue値をコピーするようにします。
//----------------------------------------------------------------------------------
function submit_buttun_disabled(flg){
 var n;
 if (flg==0){
  for(n = 0; n < document.forms[0].elements.length; ++n){  // submitボタンを探す
   if(document.forms[0].elements[n].type == "submit")
    document.forms[0].elements[n].disabled = true;    // ボタン使用不可
  }
 }else{
  for(n = 0; n < document.forms[0].elements.length; ++n){  // submitボタンを探す
   if(document.forms[0].elements[n].type == "submit")
    document.forms[0].elements[n].disabled = false;    // ボタン使用可
  }
 }
}
posted by べる at 14:03| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | JavaScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。